占い師になるには?【40代からデビューした体験&方法を解説】

こんにちは。よぴ子(@yopiko_dokushin)です。

占い師に興味がある人

占い師に興味がある!どうやってなるの?誰でもなれるの?いくらくらいかかるの?儲かるの?

知りたい方、いますか?

この記事の内容は、

  • 占い師になる方法がまるっとわかる!

です。

40代から占い師デビューした元占い師が記します。

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです~(※アイキャッチ:Thomas B.によるPixabayからの画像)



占い師になるには?方法を解説

占い師になる方法を解説します。

占い師になる方法は、

  1. 占いを学ぶ
  2. 占い師としてデビューする

の順番です。

1つずつ解説します。

1.占いを学ぶ

占い師になるには、まずは占いを学びます。

占いの種類

占いを学ぶとき何から始めればいいのか?

最初に、どの占いを学ぶかを決めます。

占いは大きく3種類あります。

  1. 命占(めいせん)
  2. ト占(ぼくせん)
  3. 相占(そうせん)

です。

各種類1つずつ学ぶと、占い師としてやっていけると云われています。

各種類をちょっとずつ解説します。

1.命占(めいせん)
  • 生年月日など「不変的な情報」をもとに占うものです
  • 「西洋占星術」「四柱推命」「数秘術」「九星気学」などです
  • 性格・性質・才能・運命・宿命・使命など、その人が「持って生まれたもの」を占うのに適しています
2.ト占(ぼくせん)
  • 「偶然の中に必然を見出す」占いです
  • 「タロット」「ルーン」などです
  • 偶然出たカードや石から、気持ち・直近の運勢・行動の吉凶など、「刻一刻と変化していくもの」を占うのに適しています
3.相占(そうせん)
  • 「ものの相(かたち)」から占うものです
  • 「手相」「人相」「姓名判断」などです
  • 現在の状況・運勢などを占うのに適しています。「変えることで開運する」という特徴もあります

どの占いを選ぶか?

「命占(めいせん)」「ト占(ぼくせん)」「相占(そうせん)」から1つずつ、合計3種類取得すると、「プロの占い師」としてやっていけると言われています。

まずは興味があるものを一つ選んで学びます。

例えば「命占」を学んだら、次は「卜占」「相占」という順番で学んでいけばOKです。

私の場合は、

  1. タロット(卜占)
  2. 数秘術(命占)
  3. 手相(相占)

の順番で学びました。

学ぶ方法

どの占いを学ぶか決めたら、学ぶ方法も考えます。

学ぶ方法は3種類あります。

  1. 独学
  2. スクール
  3. 弟子入り

です。

ちょっとずつ解説します。

1.独学

自分で自力で学ぶ方法です。

本、YouTube、ネット記事などを利用します。

★メリットは、

  • お金がかからない
  • 自分のペースでやれる

★デメリットは、

  • 習得が難しい
  • 挫折しやすい
  • 孤独

です。

★★独学に向いている人は、

  • 特殊能力(霊視など)を持っている人
  • 自分に自信がある人
  • 継続力がある人

です。

タロット占いに興味ある方は参考にどうぞ(↓)

アイキャッチ【初心者向け】「タロット占い」独学のやり方!!【無料動画おすすめ本も】
2.スクール

学校や講座で学ぶ方法です。

★メリットは、

  • 習得しやすい
  • 仲間ができる

★デメリットは、

  • お金がかかる
  • アタリハズレがある

です。

3.弟子入り

占い師の弟子になる方法です。

★メリットは、

  • 師匠からいろいろなことを学ばせてもらえる
  • その後の面倒も見てもらえる

★デメリットは、

  • 師匠を探すのが難しい
  • 師匠の名前がずっと付きまとう

です。

弟子入り制度は、最近はほとんどないです。

ネットで気軽に勉強や開業できるからかもしれません。

学ぶ方法のおすすめ

スクールで基礎を学んだあと独学、がおすすめです。

学費何十万円の本格的なところじゃなくて大丈夫です、学費数千円数万円のカルチャースクールみたいなところで十分です。

スクールで基礎を学んだあと、独学するのがもっともスムーズです。

私の場合、3種類のスクールに通いました。

  • タロット:カルチャースクール(費用4万円)
  • 数秘術:特別講座(費用3万円)
  • 手相:個人レッスン(費用5万円)

です。

「地域名 占い講座」「地域名 占いスクール」でネット検索すれば出てきます。

通信ではなく通学の方が望ましいです。

先生や仲間と出会えるし、情報交換もできるからです。

どうしても通学が難しい場合はオンラインスクールもあります。例えば >>「占い通信講座|フォーチュンレッスン」

とはいえ個人差があるので、

  1. まずは独学でやってみて、
  2. 行きづまったらスクールを探す

とかでも全然いいと思います。

興味があるならとりあえず行動してみるのが一番です。

2.占い師としてデビューする

占いを学んだら、占い師デビューです。

自分がどの方面で活躍したいかを決めます。

  • 対面鑑定
  • 電話鑑定
  • メール鑑定
  • ライン鑑定
  • ライター
  • 本出版
  • アプリ開発
  • スクール講師

などがあります。

どの方面を選んでもデビューの方法は、

  1. 自分で探す
  2. 人から紹介してもらう

のどちらかです。

デビューの難易度は、

★難易度が高い

  • ライター
  • 本出版
  • アプリ開発
  • スクール講師

★難易度が低い

  • 対面鑑定
  • 電話鑑定
  • メール鑑定
  • ライン鑑定

です。

私の場合、スクール仲間の紹介でイベント(フリーマーケット)でデビューしました。

その後、自力で「占いの館」を探して、面接の末に採用されました。

最近は「電話占い」「LINE占い」「メール占い」「アプリ占い」「YouTube」など、ネット関連で活動してる人が多いです。

ネットで「占い師 求人」「電話占い 求人」「地域名 占い師 求人」など検索したら求人情報が出てきます。

電話占いだと、だいたいどこもサイトで求人募集しています。

参考までにどうぞ(↓)

アイキャッチ無料あり!!「電話占い」おすすめ8社【元占い師が比較しました】



占い師のメリット&デメリット

実際に占い師をやってみての、メリット&デメリットです。

メリット

メリットは、

  1. 年齢が武器になる
  2. 人から喜ばれる

です。

ちょっとずつ解説します。

1.年齢が武器になる

対面占いの場合、もっとも人気が出やすいのは70代女性と言われています。

「30代のキャリア15年の占い師」と「70代の昨日デビューしたばかりの占い師」が並んでいたら、お客様は70代の占い師の方を選びます。

70代の方が説得力があるからです。

年齢が武器になるのはうれしいです。

2.人から喜ばれる

仕事で占っても、プライベートで占っても、人からとても喜ばれます。

喜ばれるとうれしいです。

デメリット

デメリットは、

  1. 儲からない
  2. 人間関係

です。

ちょっとずつ解説します。

1.儲からない

占い師の収入だけで暮らせる人は稀です。

稼ぐためには、テレビ出演・本執筆・スクール経営・アプリ開発などの展開が必要です。

「副業」としてやるのが気楽かもです。

2.人間関係

「占いの館」などに勤務する場合、人間関係がちょっと面倒臭いです。

占い師は変わった人が多いからです。(※個人差あります)

私の場合、占いの館に出勤した初日、先輩(74歳女性)から呼び出されました。

先輩が自費出版した小説を音読するよう強制されました。

パワハラですよね?(笑)

先輩と出勤がかぶらないよう、すぐ担当曜日を変えてもらいました。

他の占い師と関わるのが面倒臭い人は、ネットや電話がいいかもです。



占い師その他いろいろ

占い師のその他いろいろです。

収入

先述しましたが、占い師だけで生活できる人はあまりいません。

「副業」として考えるのが現実的です。

私が所属していた占いの館の70代の占い師の場合、

すでに年金をもらっていて、週に2日だけ出勤して、月に8万円くらいの収入を得ていました。

  • 収入の足しになる
  • 人から喜ばれる
  • 自身の認知症予防にもなる

年を取ってからの副業としては、いいかもです。

衣装

衣装は、普段着の人が多かったです。

テレビや雑誌で見るようなヒラヒラの衣装を着たり、ベールをかぶってる人は見たことありません。

私の場合、自己プロデュースで毎回黄色のドレスを着ていました。

手応えなかったです(笑)

向いている人

占い師に向いている人は、

  1. 霊能力がある人
  2. 自信たっぷりな人
  3. しゃべるのが好きな人
  4. 鈍感な人

です。

ちょっとずつ解説します。

(※あくまで仕事としてやる場合です。趣味でやるなら関係ないです)

1.霊能力がある人

  • 神様や守護霊様の声が聞こえたり
  • 霊が見えたり
  • 透視できたり

という能力がある人です。

見えたことをそのまま伝えてあげればいいので、自分もお客様も満足です。

2.自信たっぷりな人

占いは当たるも八掛、当たらぬも八掛です。

お客様は心理的安心を欲しがっています。

とんちんかんなことでも、自信たっぷりにズバッと言ってあげられる占い師が最強です。

3.しゃべるのが好きな人

対面占いの場合、最短でも10分はお客様と話さなければなりません。

占いの結果を伝えるだけだと3分あれば十分です。

間が持たなくて自分もお客様も辛いです。

ベラベラしゃべるのが好きな人の方が向いています。

しゃべるのが苦手な人は、「メール占い」「LINE占い」、手短な方が信頼を得られる「電話占い」が向いているかもです。

4.鈍感な人

占い師に限らず、仕事は何でも「鈍感力」が必要です。

霊能力くらいはっきりした能力がある人は別ですが、

「人よりちょっと感受性が強い」「人よりちょっと勘が鋭い」くらいの能力だと、余計なことを察知しすぎて逆に辛くなります。

仕事ではなく趣味でやるなら、鈍感より敏感の方が喜ばれるかもです。

仕事なら鈍感な方がやりやすいです。



今回のまとめ

以上、占い師になるには?の方法をまとめました。

占い師になる方法は、

  1. 占いを学ぶ
  2. 占い師としてデビューする

です。

ちなみに私が占い師をやめた理由は、飽きっぽいからです。

占い好きなので、今でも趣味ではやっています。

70代くらいになったら、また占い師として、他人を占ってみたい気持ちがあります。

とりあえず、仕事でも趣味でも人に喜ばれるし、学び甲斐もあるので、興味があるなら一度挑戦してみるといいかもです。

よぴ子

占いも上手に生かして、ハッピーな人生送りたいものです~♪

4 COMMENTS

加納

よぴ子様
はじめまして。
すごく分かりやすい内容でした。
占い師に興味があり、どこから始めたら良いのか、最初からお金かけることも出来ずにおりましたので、少しずつやれるところからやってみようと思いました。
ありがとうございました。

返信する
よぴ子

コメントありがとうございます~
記事読んで下さって感謝です、お役に立てましたら幸いです。
占いいいですよね♪^^

返信する
みんく

とても分かりやすい内容でした。占い師になりたい友だちにも教えてあげたくなりました!ありがとうございました(^ ^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です