めざせコミュニティ⇒「独身掲示板」

【体験談】教習所が辛い!40代で運転免許取得しました【登校拒否も】

アイキャッチ

こんにちは。よぴ子(@yopiko_dokushin)です。

教習所が辛い40代

教習所が辛い…車の免許が必要で通い始めたけど、想像してたよりめちゃめちゃ大変…正直やめたい…逃げたい…もうムリ…地獄…

教習所が辛すぎてマイってる40代の方、いますか?

教習所、辛いですよね…

この記事の内容は、

  • 教習所が辛いのは自分だけじゃないと安心できる!
  • 教習所が辛くなったとき乗り切る方法がわかる!
  • 教習所の体験談がわかる!

です。

私自身、40代で運転免許を取得しました。

教習所に3か月間通いましたが、社会人になって25年、人生で一番辛かったです。

そんな地獄の日々を支え、励ましてくれたのは、ネットにあがっている体験談の数々でした。

私の辛い体験談もどなたかのお役に立てれば、という気持ちで記します。

大丈夫です!教習所が辛いのはあなただけではありません!!

わかち合えたらうれしいです、参考になれば幸いです~(※アイキャッチ画像:OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像)



教習所が辛い!40代運転免許取得体験談

免許取得の経緯

長崎県出身で、免許を取らずに18歳で東京に上京しました。

東京では免許は必要ありませんでした。

40歳で九州に戻って来ました。

仕事関係で免許が必要になりました。

免許を取ることを決めました。

教習所選び

免許を取ることを決めたら、教習所を選びました。

家から通えそうなところをネットで検索しました。

パンフレットを2校から取り寄せて、パンフレットの感じがよかった方に決めました。

申し込み

申し込みは、教習所に行ってしました。

申し込み時にプランも決めます。

私は「スピードプラン」を選びました。

技能(乗車)の予約が取りやすいプランで、最短2週間で免許を取れる人もいるそうです。

レギュラープランより料金が1万円高かったです。

ちなみに、免許取得までにかかった費用です(↓)

費用

  • 基本料(スピードプラン一括払い)=¥336,950
  • 補講(¥6000×4)=¥24,000
  • キャンセル料(¥2000×4)=¥8,000
  • 怪しい教材(※後述)=¥13,400

(合計)¥382,350

でした。

教習所ごとにいろんなプランがあります。

自分に合ってないプランを選ぶと、時間やお金を損してしまいます。

教習所に相談するのがおすすめです。

教習スタート(辛かったことランキング)

申し込みが終わったら、教習スタートです。

初日から辛かったです。

以下、40代の教習所通いで辛かったことをランキング形式で発表します。

1位:周囲が若者だらけ

私の場合、12月から教習所に通いました。

学生の休みと丸かぶりです。

学生で教習所は大混雑でした。

学生にまざって教習を受けるのが、めちゃめちゃ恥ずかしかったです。

誰も私のことなんて気にしてない、ただの自意識過剰なことはわかっています。

でも、どうしても気になります。

こんなばばあが紛れ込んじゃってすみませんと萎縮します…色々もたつく度に「若い子はもっとすんなりできるんだろうなあ」と自分を責めます…

若者たちが仲間同士でわいわいしてる中、一人ポツンといるのも辛かったです。

2位:運転ができない

できないから教わりに行っています。

でも、あまりにもできないと凹みます。

失敗するのが恥ずかしいという、40代のプライドもあるのでしょうか。

  • スピードを出すのが怖い…
  • カーブでぶつかりそうになる…
  • 右折左折で縁石に乗り上げる…
  • S字で脱輪しまくる…
  • ブレーキが上手に踏めない…

とにかく下手糞です。

学生たちは友人同士で情報交換したり、励まし合ったりするのでしょう。

自分には話し相手は誰もいません。

「こんなにできないのは私だけだ…私がばばあだからだ…恥ずかしい…先生たちもきっと呆れてる…繁忙期なのに手間取らせやがってと苦々しく思ってるに違いない…」

と心の声で、自分を追いつめてました。

マジで鬱寸前でやばかったです。

3位:教官が嫌味っぽい

繁忙期で教官たちも疲れてたのかもしれません。

または、教官の元からの性格かもしれないし、私がばばあだから意地悪をしてきたのかもしれません。

とにかく、教官の言うことがいちいち嫌味っぽいのです。

例えば、右車線と左車線を間違えそうになったときです(↓)

教官「外国に住んでたことあるの?」

私「ないです」

教官「左車線に入るから、外国に住んでたことある外国人かと思っちゃった、ははははは」

 

と言われます。

「車線間違えないで」って普通に注意してくれればよくないですか?

あとは「(運転下手糞だけど)自転車は乗れるの?」とバカにしてきたり。

路上で信号待ちしてるとき話しかけてきて、会話に気を取られて発進のタイミングが遅れると怒ってきたり。

私の被害妄想でしょうか?(笑)

4位:運転が好きじゃない!

そもそも運転が好きじゃないのも、辛い原因かもしれないと思いました。

運転が好きな人に教習所時代の思い出を聞くと、「路上出て一発目で壁に車ぶつけたけど楽しかった、わはははは」

と、とんでもないエピソードを楽しそうに話します。

自分だったら、路上で壁に車をぶつけたら心がポッキリ折れそうです。

人間、好きじゃないことを嫌々やるのは辛いものです。

教習所が辛い人は、そもそも運転が好きじゃないのかもしれません。

登校拒否(乗り切った方法)

技能(乗車)を10時間くらい終えたところで、辛すぎて登校拒否になりました。

予約してはキャンセルをくり返し、ムダにキャンセル料を支払いました。

(※キャンセルは通常はよくないことですが、この時期の教習所はキャンセル待ちの学生がわんさかいるので、きっと喜ばれたと思います)

3週間くらい休んだでしょうか。

免許を取るのはもう諦めようと思いました。

が、なんとか乗り切りました。

以下、乗り切った方法です(↓)

方法1:下には下を探す

ネットで、自分よりやばい人を毎日検索していました。

「教習所 地獄」「教官 ムカつく」「運転 怖い」「教習所 辞めたい」などで検索します。

私が読んだ中で凄かったのは、補講を20くらい受けた人です。(私は補講4でした)

あとは、カーブでブレーキとアクセルを踏み間違って田んぼに突っ込んで、教官から「免許取るのは諦めて下さい」とお願いされた人もいました。(※リンク貼りたいけど見つかりません)

下には下がいるとすごく励まされました。感謝です。

方法2:教官変更

途中で教官を変更してもらいました。

最初はピチピチの新人教官様が担当してくれてました。

が、途中で新人教官様が「僕の経験が浅くてすみません。ベテランの先生ならなんとかしてくれるかもしれません」と教官変更を提案して下さいました。

私があまりに下手糞で、上達せず、凹んでいたからだと思います。

窓口に相談して、ベテランの先生にチェンジしてもらいました。

これが大正解でした。

教え方がめちゃめちゃ的確でした。

そのぶん、新人教官様より嫌味がすごかったですけど(笑)

教官との相性あるので、辛かったら変更を相談してみるのもいいかもです。

方法3:とある本を購入

登校拒否の間、ネットで検索ばかりしていました。

検索でとある本に出会いました。

「40代、50代からの運転免許取得術」です(↓)

40代、50代からの運転免許取得術

いわゆる「情報商材」というやつでです。

テキストで9,900円、印刷郵送だと13,400円します。

こんな高額な本、普段なら買いません。

でも、本気で弱ってました。

補講費用やキャンセル料がじゃんじゃんかかっていて、金銭的にも麻痺していました。

13,400円でこの地獄から抜け出せるなら安いもんだと思いました。

結果、大正解でした。

教習所の元教官様が書かれた本なのですが、中年の気持ちにめちゃめちゃ寄り添ってくれてます。

困ったときは無料でメール相談まで受けてくれます。(私は利用せずに済みました)

教習所で孤独を感じていたので、この本が心の支えになりました。

諸事情で直接リンクは貼れませんが、「40代、50代からの運転免許取得術」のタイトルで検索したら出てきます。

私が免許を取れたのはこの本のおかげです。

ありがとうございます。感謝です。

方法4:イメトレ

先述の本(「40代、50代からの運転免許取得術」)に、「イメトレ」がとても大切だと書いてありました。

イメトレをやったら、格段に上達しました!

おかげで、修了検定(仮免)も卒業検定も一発で合格できました。

イメトレ、やるとやらないで大違いです。

イメトレ、マジでめちゃめちゃおすすめです。

方法5:得意分野を磨く

得意なことを一つ磨くと、自信がついて他も上達してきます。

自分の得意分野を意識することにしました。

私の場合、勉強が好きなので学科は自信がありました。

技能(運転)は最後まで下手糞でしたけど「イメトレを真面目にやっている、努力している」という事実が心のよりどころとなりました。

徐々にこなせるようになっていきました。

方法6:人参をぶら下げる

人参をぶら下げる=ご褒美的なものを用意するのは効果があります。

登校拒否で教習所をやめようか迷ってるとき、親が「免許を取ったら車を買ってやる」と言ってくれました。

(40代なのに甘ちゃんですみません笑)

俄然やる気が出ました。

免許取得

先述の方法で、登校拒否から復活しました。

その後は、

  1. 修了検定(仮免)、一発合格
  2. 路上教習
  3. 卒業検定、一発合格
  4. 本免学科試験、一発合格

順調に免許を取ることができました。

期間は約3か月でした(↓)

期間

(通学12~2月/免許取得3月)

  • 第1段階(場内教習):12~1月
  • 修了検定(仮免):1月合格
  • 第2段階(路上教習):1月~2月
  • 卒業検定:2月合格
  • 免許センター本免学科試験:3月合格

反省点

今回、教習所がなぜこんなにも辛かったのか、自分なりに反省しました。

反省1:覚悟が甘かった

教習所に通う前の、覚悟が甘かったです。

運転なんてみんなやってるから簡単だと思ってました。

舐めてかかっていたので、ちょっと上手くいかないだけですぐに心が折れました。

最初から「運転は大変、免許を取るには努力が必要」と覚悟を決めていれば、多少の苦労は耐えられたような気がします。

教習所に限らず何でも、覚悟って大事ですよね。反省です。

反省2:繁忙期に通った

繁忙期に通ってしまったのは反省です。

教習所のサイクルは一般的には、

  • 繁忙期:12~2月
  • 閑散期:5~6月、9~11月

と言われています。

繁忙期は教官が疲労困憊、イライラしています。

学生が多いので己の年齢にも凹みます。

よっぽどの事情がある以外は、繁忙期は避けた方がいいです。

余談:合宿はやめておく

余談ですが、合宿はやめた方がいいと思いました。

最初、「通学」にするか「合宿」にするか迷いました。

一生に一度のことだから合宿も経験してみたい、面白そうと思ってました。

合宿にしなくて心底よかったです。

合宿は、カリキュラムや期間がばっちり決められています。

落ちこぼれることは許されません。

通学の1日2時間だけでも大変だったのに、逃げ場がない環境で免許を取るなんて、想像しただけで吐きそうです。

メンタル強靭、運動神経抜群、実は無免許で運転したことあってそのとき結構上手にできた…

など、よっぽど自信がある場合を除いて、「合宿」は危険だと思いました。

(※追記)その後

免許を取って、数年経ちました。

車の運転は相変わらず好きではありません。

でも、何度も乗るうちに、決まった道を走るくらいはできるようになってきました。

田舎なので運転できないよりは運転できた方がやっぱり便利です。

いま教習所が辛い人、心がガチで壊れそうならやめた方がいいです。

でも、なんとか踏ん張れそうなら最後まで粘ってみるのもオススメです。

長い人生の中のほんの3か月くらいなので。

終わってみるといい思い出です。



今回のまとめ

以上、教習所が辛い!40代の運転免許取得体験談をまとめました。

いろいろ記しましたが、とにかく、この記事で伝えたかったことは、

教習所が辛いのはあなただけじゃないです!大丈夫です!負けないで!

ということです。

よぴ子

免許が無事に取れるよう、お祈りしております~

※サイト移転のため、以前いただいたコメントが全消去となってしまいました。
以前にコメントいただいてた方すみません。
ありがとうございました。感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です