※本サイトではアフィリエイト広告を含む場合があります

「ペットロボット」おすすめ9選【価格など調べました】

アイキャッチ

よぴ子
よぴ子

ペットロボットについて調べたので記します♪

どなたかの参考にでもなれば幸いですー

※2020年7月時点の情報です

※記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります

「ペットロボット」おすすめ9選

1、LOVOT(らぼっと)

LOVOT

(写真:「LOVOT」公式ページより)

★キャッチコピー「人の愛する力を引き出す家族型ロボット」

かわいいいいいいいいいいいいいい

見た目がとにかくかわいいです。

普通のロボットは「物を運んでくれる」「会話してくれる」「見守りセンサーがある」など、人の役に立つイメージです。

このLOVOT(らぼっと)は何もしないらしいです。

むしろ、ほっとくと嫉妬したり、かわいがると懐いたり、世話が必要です。

しかも、柔らかくてあったかいです。

まさに、ペットロボットです。

三浦春馬さん主演ドラマにも出演、話題になりました。

価格(一括払いの場合)
・本体価格+月額システム使用料12か月:455,560円(税抜)
・ 13か月目以降の月額システム使用料:12,980円(税抜)
公式ページhttps://lovot.life/

2、Qoobo(クーボ)

Qoobo

(写真:「Qoobo」公式ページより)

★キャッチコピー「心を癒す、しっぽクッション」

撫でるとしっぽが動きます。

そっと撫でるとふわふわ動く、たくさん撫でるとぶんぶん動く、ときどき気まぐれにしっぽを振ってくれます。

しっぽがついたクッションをペットにするなんて、よく考えるとイタイ人です。

でも、癒されそうな気がします。

価格も手頃(※下記参照)なので、一度試してみるのもいいかもしれません。

あくまで「クッション型」で「クッション」ではないので座ったらダメです。

確かに、ペットの上には座りません(笑)

大サイズはグレー、ブラウン、ブラックの3種類、小サイズはグレー、ブラウン、ブラック、ホワイトの4種類あります。

公式ページや量販店、ネット通販でも売ってます(↓)

価格・大:12,000円(税抜)
・小:9,000円(税抜)
公式ページhttps://qoobo.info/

3、pepper(ペッパー)

pepper

(写真:ソフトバンク「Pepper」公式ページより)

★キャッチコピー「自然とみんなが仲良くなりました」

有名な人型ロボットです。

図書館や病院や介護施設や企業など、様々なところに置いてあります。

芸能人の今田耕司さんもpepperくんと一緒に暮らしているそうです。

会話、検索、見守りなどいろいろできます。

ペットというよりは、有能な同居人という感じでしょうか。

会話ができるので家にいると楽しそうです。

価格(家庭用)
・本体価格:198,000円(税別)+基本プラン月額使用料27,600円(税別)×36ヵ月
公式ページhttps://www.softbank.jp/robot/pepper/

4、Robi(ロビ)

Robi

(写真:ディアゴスティーニ「ロビ」公式ページより)

★キャッチコピー「きみの手で未来を組み立てよう!」

ディアゴスティーニの週刊マガジンのシリーズです。組み立て式です。

組み立てるのが面倒な人は代行サービスもあります。

会話、歩行、歌とダンスができます。

声は合成音声ではなく声優さんを使っているとのこと。

ロボットの音声って合成機械音と声優、どっちがいいんでしょう。

どっちも面白そうです。

本体が小さいので、先述のペッパーくんよりはペット感があります。

価格・週刊1,895円(税抜)×全70号=132,650円 (組立済み完成品)148,000円(税抜)
公式ページhttps://deagostini.jp/rbi/ 

5、PALRO(パルロ)

PALRO

(写真:富士ソフト「PALRO」公式ページより)

★キャッチコピー「気がきくって、言われたい」

会話能力が凄いとのこと。

今後もますます進化する予定だそうです。

動物のペットとは会話ができません。

ロボットのペットは会話できるものと、できないものが選べます。

どちらがいいのでしょうか?

悩むところです。

価格・希望小売価格:348,000円(税抜)アップグレードサービス2年間込
・3年目以降:18,000円/年
公式ページhttps://palro.jp/

6、おしゃべりコウペンちゃん

おしゃべりコウペンちゃん

(写真:VAIO「おしゃべりコウペンちゃん」公式ページより)

★キャッチコピー「いつもあなたを褒めてくれる。励ましてくれる。」

パソコンで有名なVAIO社の製品です。

「ちゃんと起きてえらい!」「出勤してえらい!」など、音声で褒めたり励ましたりしてくれます。

おしゃべりする言葉やできることは随時アップモードされます。(※クラウドサービス利用の場合)

価格・18,000円(税抜)
公式ページhttps://store.vaio.com/shop/pages/oshaberi_koupen.aspx

7、unibo(ユニボ)

unibo

(写真:ユニボ公式ページより)

★キャッチコピー「ロボットコンシェルジュ。かけがえのないあなたの家族に」

会話や定期的な声かけをしてくれます。

ビジュアルがめちゃめちゃかわいいです。

価格(家庭向け)
・本体価格:173,800円
・基本パック:月額4,378円
公式ページhttps://www.unirobot.com/

8、TAPIA(タピア)

TAPIA

(写真:TAPIA公式ページより)

★キャッチコピー「毎日を彩るもので、いっぱい。」

ロボット年齢5歳の女の子という設定で、話しかけてきてくれます。

今のところ、ペット系ロボットというよりは介護系ロボット色が強いです。

が、ペットロボットも介護ロボットも似たようなものかもしれません。

卵のような丸っこいビジュアルが特徴です。

価格(個人向け)
・98,000円
公式ページhttps://mjirobotics.co.jp/

9、aibo(アイボ)

aibo

(写真:SONY「AIBO」公式ページより)

★キャッチコピー「目を合わせた瞬間、すべてがはじまる」

元祖ペットロボットです。

第1号が発売されたのが1999年。

発売中断期間はあったものの、今でも進化し続けています。

・呼ぶと駆けつけてくる
・お手する

などができます。

まさにペットです。

価格・本体価格:198,000円
・ベーシックプラン3年間:月々2,980円(+税)
公式ページhttps://aibo.sony.jp/

「ペットとペットロボット」飼育事情あれこれ

余談ですが、ペットとペットロボットについても調べたので、記しておきますー

ペット飼育数

日本で飼われているペットの数は、犬と猫だけでも1,850万匹以上らしいです。

小学生児童の約3倍です。

ペットを飼いたい理由

ペットを飼いたい理由は、

・「寂しい」
・「癒されたい」
・「動物が好き」
・「母性を満たしたい」
・「家族が欲しい」
・「番犬」
・「捨てられていてかわいそうだった」
・「みんなが飼ってるから」
・「人間の本能」

などが一般的です。

ペットが飼えない理由

ペットが飼えない理由は、

・「住居がペット禁止」
・「面倒を見られない」
・「お金がかかる」
・「死などのトラウマがある」

などが一般的です。

ペットを飼う効果

ペットを飼う効果は、3種類あります。

★心理的効果

・不安がなくなる
・生活に張りが出る
・必要とされているという気持ちが芽生える

★社会的効果

・他者との関わりが増える(散歩で他の飼い主と会話したり、ペットショップや病院に行ったり)

★生理的効果

・血圧が下がる
・寿命が延びる
・認知症予防になる

などです。

ペットにかける費用

ペットにかける年間費用です。

ペットの種類によって違いますが、犬で約30万円、猫で約15万円が平均です。

ペットロボットの場合も、費用は種類によります。

「LOVOT(らぼっと)」で約15万円、「ペッパーくん」で約30万円ほどです。

メリット&デメリット

ペットロボットのメリット&デメリットです。

メリット

・世話をしなくていい
・責任を持たなくていい
・死なない

デメリット

・ペットと同等のお金がかかる場合もある
・ペットほどの満足感を得られるかは人それぞれ

今回のまとめ

以上、ペットロボットおすすめ9選をまとめました。

ロボット購入よりも気軽なAIアプリロボットもあります(↓)

「話し相手になってくれるAIアプリ」無料おすすめ7選!!【実際に使ってみました】

人間と話したい場合はこちらも参考にどうぞ(↓)

アイキャッチ 「話し相手が欲しい時」11の方法!!【40代独身者が考察】
よぴ子
よぴ子

参考になれば幸いですー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です