※本サイトではアフィリエイト広告を含む場合があります

「布ナプキン」メリット&デメリット【体験レビュー】

アイキャッチ

よぴ子
よぴ子

布ナプキン使ったので体験レビュー記しておきます♪

どなたかの参考にでもなれば幸いですー

※記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります

「布ナプキン」体験レビュー

利用のきっかけ

きっかけは、ブログのネタになればいいなあと思ったからです。

利用前は、「生理の血が付いたものを洗ってまた使うの気持ち悪い」と思っていました。

購入

お試しセット
ヌノナ

布ナプキンのブランドはたくさんあります。

私はネットで検索して、「nunona」(ヌノナ)を購入しました。

「おためし3日間セット」6,607円(税込・送料込)でした。

おりもの用・昼用・夜用の3種類の布ナプキンが、合計5枚入ってます。

洗剤と持ち運び用ポーチも付いてます(↓)

価格は以前より1,000円くらい安くなってるようです。(※2021年1月現在)

オーガニック布ナプキンの通販サイト【nunonaの布ナプキン】

使用

私は、外出時は使わずに、家にいるときだけ使いました。

経血が少ないときは、布ナプキンのみ利用。

経血が多いときは、布ナプキンとタンポンを併用しました。

感想(メリット&デメリット)

利用した感想を、メリット&デメリットで記します。

メリット

★メリット1:ニオイがしない

紙ナプキンと比べるとニオイがしません。

紙ナプキンは蒸れるので独特のイヤ~なニオイが漂います。

布ナプキンは蒸れないのでニオイがしません。

ニオイの違いはだいぶ大きかったです。

★メリット2:ほっこり温かい

布があたってるところからじんわり温かくなっていく感じです。

いつもは辛い足先の冷えも、使用中は気になりませんでした。

多少思い込みもあるかもしれません(笑)

★メリット3:自分を大切にしている感じがする

自分を大切にしている感じがちょっとします。

肌触りが優しいのと、洗濯に手間ヒマかけるからでしょうか?

★メリット4:かわいい

見た目がかわいいです。

紙ナプキンと比べるといろんな柄やデザインがあってかわいいです。

★メリット5:災害時の備えになる

大地震やコロナなど、災害の時はなぜかトイレットペーパーや生理用品が売り切れます。

いざというとき生理用品がないとか恐怖です。

布ナプキンは洗えば何度でも使えるので、災害時に便利です。

断水時は困りますが、洗濯水があれば大丈夫です。

災害時用に用意しておくのは、めちゃめちゃいいと思いました。

デメリット

★デメリット1:洗濯が面倒臭い

洗濯は、紙ナプキンと比べるとやっぱり面倒臭いです。

習慣にすればまあそんなに大変ではないです。

でも、めちゃめちゃ面倒臭がりの人や、めちゃめちゃ忙しい人とかはやめといたいいかもです。

★デメリット2:外での利用が面倒臭い

使用後に捨てられないのはちょっと面倒臭いです。

布ナプキンは小さくたためる構造になっていて、専用のポーチに入れれば漏れやニオイは大丈夫です。

でも、使用済のナプキンを持ち歩くのは、抵抗ある人もいるかもです。

私は外では布ナプキンは使わず、紙ナプキンだけにしてました。

★デメリット3:漏れが心配?

漏れは意外と大丈夫でした。

というか、紙ナプキンと同じです。

装着が歪んだり、交換が遅れれば漏れます。

きちんと装着、交換すれば大丈夫です。

経血が多いときは、タンポンとの併用が安心でした。

★デメリット4:初期投資がかかる

洗濯の状況にもよりますが、1回の生理期間で10枚くらいは必要です。

そろえるのに1万円くらいかかります。

何度も使えるので、一通りそろえた後は逆に経済的かもです。

「布ナプキン」をやめた理由

布ナプキン、気に入ってましたが、1年使ってやめました。

理由は帰省移住です。

両親の住む実家で暮らすことになったからです。

布ナプキンは浸け置き、手洗いが必要です。

布ナプキンだけを個別に手洗いして、個別に干すのは、わが実家では困難でした。

なのでやめました。

布ナプキン自体の使い心地はかなりよかったので、帰省移住がなければ使い続けたかったです。

豆知識

布ナプキンについての豆知識も調べたので、ついでにメモっておきます。

洗濯のやり方

洗濯のやり方です。

(※画像、nunona説明書からの引用です)

★手順1:軽くもみ洗い

揉み洗い

★手順2:浸け置き

浸け置き

★手順3:乾かす

乾かす

基本は洗いです。

が、漬けおきもなにもせず、洗濯機でがんがんに洗う人もいるみたいです。

種類

布ナプキンの種類は、

・おりもの用
・昼用
・夜用

などがあります。

基本は、紙ナプキンと同じです。

メーカーによって品揃えが違います。

寿命

布ナプキンの寿命です。

nunonaの説明書には、「一般的に1~5年ですが、使用頻度や洗い方により前後します。」と記載されています。

私は1年使いましたが、ふわふわのまま使えてました。

交換の目安

交換や利用方法は、基本、紙ナプキンと同じです。

紙ナプキンは蒸れるので、長時間利用するとニオイがします。

布ナプキンは蒸れないので、長時間利用してもニオイがしないのは快適でした。

今回のまとめ

以上、布ナプキンの体験レビューをまとめました。

洗濯は面倒臭いけど、蒸れのニオイがないはだいぶいいなあと思いました。

あと、災害用の備えになるのはかなりプラスです。

なにかあると生理用品すぐ売り切れるので、布ナプキンが1セットあると安心だと思いました。

よぴ子
よぴ子

参考になれば幸いですー♪

オーガニック布ナプキンの通販サイト【nunonaの布ナプキン】

1 COMMENT

なななな

紙ナプキン、布ナプキン、タンポン、月経カップ併用
の宗教嫌いなnunona4年利用者
・別に大して環境に優しくない(笑)
買出し&ゴミ出しの手間か、洗濯が増えるかの違い
※洗濯乾燥機あるから手間じゃない
※数年経つと手洗いなんかしない、かなり丈夫
・臭わない
・災害用には絶対月経カップ慣れしろ!
布ナプキン+月経カップが最高の組合せだと思う
※一人暮らしじゃないと出来ないのは確か…
・福袋を狙え!
nunonaは、福袋がダントツでコスパいい
福袋以外買うな!と、言いたい
31点2万円、58点3万円
・ただの好み
コスパは大して変わらないと思うが、交換し放題に罪悪感がなくなるので布ナプキンの方が好きなだけ
環境、コスパってのは、宣伝文句なだけ
・洗濯は、楽に済ませる!
つけ置き→洗濯機→乾燥機(ふわふわに仕上がる)
※時間が経ってない使用後布ナプキンは軽くもみ洗い後に洗濯機でいい
・おりもの用はかなり使える!
布ナプキンは、生理用だけでなく、おりもの用があるので、下着汚れ防止に一番使える
・持ち帰りは衛生的
使用後は丸めてスナップ留め出来るので汚れは気にならない(そもそも臭いもない)
・nunona4年目
黄ばみ(経血汚れは仕方ない)、ごわつきもあるが、乾燥機でふわふわになるので気にしない

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です