独身子なし、帰省したくない!!【6つの辛いあるある】

アイキャッチ

こんにちは。よぴ子(@yopiko_dokushin)です。

帰省が辛い独身者

親孝行したいときには親はなし…親も自分もいい年だしいつ何が起こるかわからない、予定が合う時はなるべく実家に帰省したい、でも独身子なしで実家に帰省するのが辛い、気まずい…私だけ?独身のみんなどうしてるの?

知りたい方、いますか?

この記事の内容は、

  • 独身子なし、帰省の辛さがわかち合える!
  • 独身子なし、帰省事情がわかる!

です。

40代バツなし独身子なし女が記します。

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです~(※アイキャッチ画像:Trudi FinnissによるPixabayからの画像)



独身子なし、帰省したくない!!6つの辛いあるある

辛い1.結婚を急かされる(20代後半~30代)

20代後半~30代は、帰省する度に結婚を急かされるのが辛かったです。

わが家の場合は、祖母が「はやく結婚しろ」「結婚しないと老後が悲惨」「結婚もしないでどうするのか」とわかりやすく説教。

父と母は、「彼氏はいないの?」「結婚はどうするの?」と探りを入れてくる感じ。

その他の人々は、「いまは絶対結婚しなきゃって時代でもないしね」と気を使ってくれる感じでした。

自分でも「結婚できてない」というコンプレックスと意識があるからでしょうか、とにかく何を言われても見下されてるような、批判されてるような気がして辛かったです。

帰省したくなかったです。

辛い2.結婚しろと言われなくなる(40代)

40代になると、結婚についてパタッと触れられなくなりました。

20代後半~30代のあれは何だったんだという感じです。

「この人は一生独身なんだな」「結婚はもう無理だろうな」と勝手に人生をあきらめられる雰囲気です。

結婚しろと言われるのも辛いし、結婚しろと全く言われなくのもそれはそれで辛いです(笑)

辛い3.話すことがない

帰省して会う人と言えば、両親、祖母、姉妹、近所の人、同級生でしょうか。

既婚子ありばかりです。

会話は主に家庭のこと、子供のことです。

独身子なしの私は共通の話題がないので話すことがありません。辛いです。

辛い4.母の愚痴を聞かされる

母の愚痴を聞かされるのが辛いです。

主に祖母(母にとっての姑)についてです。

興味がないし、聞いてると運が悪くなりそうな気がして嫌です。

かといって無視するのは親不孝っぽくて心が痛みます。

辛い5.父にイライラする

一人暮らしなので自分のペースで暮らしています。

実家に帰ると、実家のペースに合わせなくてはなりません。

私の場合、父とペースが合いません。

風呂の熱さ、エアコンの設定温度、歯を磨くときに水道を出しっぱなしにする、トイレの便座のふたを閉めない、電気のスイッチを消さないなど、

生活習慣が合わなくてイライラして辛いです。

辛い6.居場所がない

40代になると、周囲はほぼ既婚子ありです。

独身子なしはとにかく居場所がなくて辛いです。

マイノリティ(少数派)の宿命ですね。



独身子なし、帰省の基本情報

参考までに、私の場合です。

頻度

私の実家は長崎県です。

東京に住んでいた頃は、

  • 20代⇒2年に一度
  • 30代⇒1年に一度

の頻度で帰省していました。

福岡に住んでいた頃は、

  • 40代⇒1年に二度

帰省してました。

年を重ねると親がいつどうなるかわからないので、頻度が増しました。

何泊するか?

東京から帰省する時は、3泊4日くらい。

福岡から帰省する時は、2泊3日くらいでした。

長くいると親と喧嘩になるので、短めに設定していました。



今回のまとめ

以上、独身子なし帰省の辛いあるあるをまとめました。

独身子なしの帰省、自分も両親も周囲も居心地の悪さが半端ないです。

独身子なしはまだまだマイノリティ(少数派)

みな様、強く生きていきましょう。

よぴ子

30代が一番辛いですかね、40代になるとちょっとはラクになるかもです~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です