「FP3級」資格とは?メリット&デメリットも!!【実際に取得しました】

アイキャッチ

こんにちは。よぴ子(@yopiko_dokushin)です。

FP3級に興味ある人

「FP3級」資格に興味ある!どうなの?取得する価値あるの?メリットとデメリット知りたい!

という方、いますか?

この記事の内容は、

  • 「FP3級」資格についてわかる!
  • 「FP3級」資格のメリット&デメリットがわかる!

です。

FP3級資格取得者が記します。

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです~(※アイキャッチ:Nattanan KanchanapratによるPixabayからの画像)



「FP3級」資格について

「FP3級」資格とは?

FP3級は、お金の国家資格です。

FP3級からはじまって、FP2級、FP1級まであります。

FP3級・FP2級は誰でも取得できますが、FP1級はFPとしての実務経験が必要です。

FP=ファイナルンシャル・プランナーで、暮らしと人生のお金の専門家という感じです。

勉強内容

FP3級資格の勉強内容です。

6つの項目を学びます(↓)

ライフプランニングと資金計画 公的年金、社会保険、住宅ローン、教育資金、人生のマネープランなど
リスクマネジメント 生命保険、損害保険、その他保険など
金融資産運用 株式、債券、投資信託、その他金融商品など
タックスプランニング 税金の種類、控除、計算方法など
不動産 土地価格決定方法、不動産取引、不動産関連の法令、不動産価値計算法など
相続・事業承継 相続税、贈与税、相続関連の法令など

試験

FP3級の試験は、年に3回(1月、5月、9月)あります。

主催団体は、「きんざい(金融財政事情研究会)」と「日本FP協会」です。

受験申込時にどちらかを選択します。

日本FP協会は、個人受験者が多いです。

きんざいは、団体受験者(会社で受けさせられるやつ)が多くて、実技試験を「個人資産相談業務」「保険顧客資産相談業務」から選ぶことになっています。

どちらも国家資格で、資格の価値は同じです。

試験は、午前に学科試験(120分)、午後に実技試験(60分)です。

実技試験といっても、動いたり計画表を作るわけではありません。

「ヒロシさんがマンションを買い換えようか迷っています」などの架空の相談に、選択式で答える形です。

費用

FP3級の試験の費用です。

「学科」のみ受験⇒3,000円(すでに「実技」を合格している場合)

「実技」のみ受験⇒3,000円(すでに「学科」を合格している場合)

「学科」「実技」を受験⇒6,000円

です。

勉強は、独学なら参考書の費用、スクールならスクールの費用がかかります。

受験の流れ

FP3級の受験の流れです。

  1. 申し込み
  2. 受験票到着(会場判明)
  3. 試験
  4. 結果発表

です。

日本FP協会の場合、合格発表後に技能検定合格証書が郵送で届きます。

合格率

FP3級資格の合格率は、

  • きんざい:50~70%
  • 日本FP協会:70~80%

です。

きんざいの方が合格率が低いのは、団体受験で勉強しないまま受験する人が多いからです。



「FP3級」資格のメリット&デメリット

FP3級資格のメリット&デメリットです。

メリット

メリット①:人生に役立てられる!

FP3級資格の勉強をすることで、お金の知識が身に付きます。

社会保障、資産運用、税金、相続などです。

お金の制度や仕組みが、きちんと理解できるようになります。

人生に役立てられます!

メリット②:簡単なのに国家資格!

FP3級は、わりと簡単にとれる資格です。

なのに、国家資格です。

履歴書に堂々と書けます。

デメリット

デメリット①:資格としての価値は低い

FP3級資格は、わりと簡単にとれる資格です。

合格率が高いので、資格としての価値はそんなにはないようです。

不動産屋、銀行員、タレント、漫画家など、いまやっている仕事にプラスすることで、生かされる感じです。



今回のまとめ

以上、FP3級資格についてまとめました。

独学で気軽に受験できるので、興味あるなら挑戦してみるといいかもです。

よぴ子

FP3級、楽しい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。